HOME > 事故車の場合

事故車でも大丈夫?

事故車というのは、実は事故に会って破損したクルマが全て事故車と呼ばれる訳ではありません。そこがポイントです。
電柱にぶつけてしまってバンパーを交換した、なんていうのは事故車扱いにならない可能性が大です。たとえ修理せずにそのままの状態でも事故車じゃないんです。


「財団法人日本自動車査定協会(JAAI)」、「日本中古自動車販売協会連合会」、「社団法人自動車公正取引協議会」などがクルマの下取りや買い取りの際の統一基準として、事故車(修復歴車)の定義を示しています。


事故車簡単に言うと、事故車とは車体の骨格を修理、修正、補修したものになります。
具体的には、専門用語になりますが、フレームやクロスメンバー、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロアなど、普段目にすることがないか、目にしていても余り意識することのないクルマの骨格そのものになります。


なので、事故を起こしてしまって修理したからと言って、クルマは必ずしも事故車扱いとなる訳ではないことを知っておいてください。
もし仮に事故車扱いとなってしまっても下取りや買い取りはゼロではありません。残念ながら大きく価値が下がるのは仕方がありませんが、あきらめることはありません。


事故車・不動車専門の買い取り業者があるんです。どこにあるか分からない場合はディーラーの担当セールスマンに相談するのもいいかも知れません。
ネットで調べると言う手もありますが、事故車になるほどの事故を起こした場合は、まず保険会社かディーラーに連絡しますよね。


どちらにしてもクルマは一旦ディーラーに引き取られることになり、そこで規定の作業として見積もり作成が行われます。


そしてそこで事故車扱いになるかどうかの判定と、修理する場合に掛かる金額、事故に相手がある場合はそこ(相手の保険会社)との交渉になります。
そこまでクルマはディーラー預かりになっていますので、やはりセールスマンとよく相談してお任せするのが一番です。


並行して事故車・不動車専門の買い取り業者に見積依頼するのもセールスマンを通してでもいいでしょう。そちらの条件の方が良ければそこで話は通っていますので処理はスムーズに行くはずです。
クルマを実際に預っているディーラーの頭ごなしにネットで買い取り業者と話を進めると、セールスマンもいい気持ちはしません。


普通ならサービスしてくれる処理も有料で請求がくるかも知れませんし、その後の付き合いも難しくなるかも知れません。勿論、それを承知で行うならそれはそれで構いませんが。


どちらにしても、事故車扱いとなってもエンジンを始め、電装品、シート、その他各種部品は国内・海外で中古部品或いは修理して修理部品として市場がありますので、クルマ自体の価値はゼロでは無いのです。
しっかり話を通して、あきらめる事無く、事故車・不動車専門の買い取り業者と相談するようにしましょう。